初めての飛行機に乗って

この度、和歌山に観光と婚礼で出掛けることになり、子供達は初めて飛行機に乗りました。

 

 

 

千歳から関西国際空港までの2時間くらいのフライトでした。

 

千歳空港につくなり、4歳の息子は大はしゃぎで空港内を走り回っていました。

 

それにつられて、1歳半の息子も兄の後ろについて走り出し、和歌山に着く前から疲れていました。

 

 

 

登場口での検査に少し緊張をしておりましたが警戒することなくスムーズにできました。

 

 

 

飛行機を見るなり興奮してスゴク大きな声で話しており、飛行機内で落ち着いていられるか不安でした。

 

 

 

行きの飛行機内では兄は外を見てずっと話していたり、テーブルを出したりしまったりして前の座席のおばさんが

 

嫌な顔をしているのに気づき何度も注意していました。

 

 

 

弟はフライとするなり寝てくれたので助かりました。

 

 

 

帰りの飛行機内では兄弟ともに眠たくならず、お菓子やジュースを飲みながらなんとか過ごしました。

 

徐々に弟の機嫌が悪くなり、千歳に着く1時間前にそんなに激しくぐずることなく寝てくれて助かりました。

 

 

 

問題は兄のほうで、着陸態勢に入って座席から出てはいけない状態になってからオシッコと言い出し

 

着くまで我慢するように話し、千歳に着陸するのをそわそわしながら待ちました。

 

 

 

やっと着陸したと思ったら、飛行機が停まるまでの10分くらいかかったと思いますが我慢の限界がきて

 

嘔吐用の袋に排尿をしてもらうことにしました。

 

 

 

子供のことですが親としても恥ずかしく、主人がその袋を捨ててくれましたが、CAさんには多分主人がしたのだと

 

誤解をされて多様に思います。

 

 

 

1番最後に私達は飛行機をおりて、CAさんの笑い声がかすかに聞こえていました。

 

 

 

子供をつれて旅行することはハプニングがつき物で毎回何かが起こってしまいます。